スポンサーサイト

  • 2011.12.25 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    見つけましたよ、自然界の完全食品!

    • 2011.09.17 Saturday
    • 10:58

    今日はまた健康トピックです。

    タイトル、気になりませんでしたか?
    そうなんです、見つけたんです、完全食品を。
    しかも、自然界のパーフェクトフードです。

    体や脳を健康な細胞で新陳代謝させるためには、ビタミン18種類、ミネラル20種類、
    アミノ酸8種類全てが一定量血液中に溶けていなければならない、ということは調査済みでした。

    でも実際、これだけの栄養素を毎日摂取するのは難しく、
    毒素を排出できない体質に変化している人が多い・・・ということでしたが、
    上記の46種類の栄養素を全て含む完全食品を見つけましたよ!

    それが、「ビーポーレン」です。

    初めて聞く人には???な名称ですよね。
    英語で表記すると、BEE POLLENです。
    つまり、ミツバチが集めた花粉のことです。

    日本ではあまり馴染みのないこのビーポーレンですが、海外では
    「自然が作り出す産物として、完璧な食品」として知られているそうです。
    それもそのはず、ビーポーレンは上記46種類の必須栄養素を完全に含んだ上で、
    約90種類の栄養素から出来ているのだそうです。
    具体的にどんなものかといいますと、ミツバチは花粉を採取して、後ろ足で丸めて
    自身の酵素で固めて巣に持って帰るのですが、それがビーポーレンです。

    私はタブレット状になったものをそのまま食べてみたのですが、おいしいです♪
    ネットで検索してみると、タブレット状のもや粉末状のもの、
    産地もオーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、欧州、国産といろいろあるようです。

    そしてこのビーポーレン、サプリメントとしてはもちろん、
    病気治療にも使われているのだそうです。
    (アルツハイマーや発達障害の治療などにも使われているのだそうです。←すごいですね)

    これまでなかなか聞くことの無かったビーポーレン、
    古くはエジプト王の墓から副葬品として発掘され、
    中国の古書に登場し、
    ハワイ群島やポリネシアの原住民に用いられ、
    長寿村として名高いコーカサス地方のグルジア族では昔から食べ続けられていた食品
    なのだそうです。
    実は歴史の古い食べ物だったんですね。

    しかも「スタミナ」という言葉の語源、
    ラテン語で「雄しべ」を意味する「スターメン」の複数形なんだそうです。

    なかなか普段の食事で栄養素をパーフェクトにするのは難しいですが、
    太古の昔から食べられていたという「完全食品」で栄養素補給してみるのは
    いかがでしょうか。

    (※ミツバチは風媒花粉には寄りつかないので花粉症の方でも心配ないそうです。
    それどころか、アメリカでは「花粉」を食べて「花粉症」を治す治療が人気なんだそうです。)


    なるほどな言葉

    • 2011.07.30 Saturday
    • 20:54

    昨日のブログでご紹介した
    米国の、ロジャー・ウイリアムス博士という人の言葉で、
    とても印象に残っているものがあるのでご紹介します。


    『あなたは、あなたが食べた物、飲んだ物以外からは何一つ作られません。
    これは、学問的に真実です。』


    もしあなたがとても健康なら、それはあなたの食べ物がとてもよかったから。
    もしあなたの体にどこか不調があれば、あなたの食べ物が健康な体を作るレベルには
    達していなかったから。


    と、いうことになりそうです・・・;


    病気や体質はもちろん遺伝や環境によっても影響を受けるけれど、
    でも、体を構成している60兆個一つ一つの細胞の健康度が
    とても大きく影響するのだそうです。


    ちなみに、博士によると、認知症などの精神的な病も、
    脳での栄養素不足から起こる病気なのだそうです。


    胸に刻んで、何度も思い返そうと思う言葉でした。


    余談ですが、
    「私の体はワインでできてるの」って言ってた女優がいましたね、
    あれはある意味「真実」を語っていたんですね・・・?!
     

    なんていうことも思い出したりして・・・。
     

    サプリメントの栄養素補給はどうなの?

    • 2011.07.29 Friday
    • 21:51

    健全で、健康レベルの高い細胞で全身を満たすぞ!

    と、思ったら、
    毎日、アミノ酸8種類、ミネラル20種類、ビタミン18種類が十分に
    足りているようにしなければならないらしい、ということを先日書きました。
    (具体的には次の通りです。)
    アミノ酸 8種類:
    リジン、メチオニン、フェニルアラニン、ロイシン、バリン、イソロイシン、
    スレオニン、トリプトファン (幼児と子供はヒスチジンを加えて9種類)
    ミネラル 20種類:
    ナトリウム、カリウム、塩素、リン、硫黄、カルシウム、マグネシウム、
    鉄、銅、クロム、マンガン、亜鉛、ケイ素、フッ素、モリブデン、臭素、
    ホウ酸、コバルト、セレニウム、ヨード
    ビタミン 18種類:
    ビタミンA、B1、B2、B3、B5、B6、B12、B15、B17、C、D、E、H、K、
    コリン(レシチン)、ルチン、リノール酸、葉酸

    でも、野菜の栄養価は落ちているし、皮や葉など栄養価の高いところは落として
    食べているし、米も小麦も砂糖も塩も精白したものを食べているので、
    毎日これだけの種類の栄養素を食べ物から摂るのは相当難しいような気がします。

    そこで思いつくのは、ビタミン、ミネラルなどのサプリメント(!)
    今はありとあらゆる種類のサプリメントが手に入るので、
    上手に活用すれば、健康増進に繋がる気がします。

    ですが、調べたところによると、そう単純な話でもなさそうです・・・;

    ビタミンB群の一つパントテン酸の発見者であり、葉酸の名付け親、
    元米国生化学会会長のロジャー・ウイリアムス博士は、次のように
    提唱しています。

    健康な体を作るために必要な、アミノ酸8種類、ミネラル20種類、ビタミン18種類、
    計46種類の栄養素は、互いに作用しあってチームとして機能する。
    (鎖のように繋がって働くので『生命の鎖』というのだそうです。)
    その中の栄養素のどれか一つが欠けても、非常に弱い鎖となり、他の栄養素が
    豊富にあっても正常には働かない。

    つまり、単体のサプリメントをいくつか摂っただけでは、全身を健康な細胞で満たす
    レベルにはならないようです。
    とにかく、46種類全部が一定の量必要、ということのようです。

    そしたら、マルチビタミン、マルチミネラル(&アミノ酸)があるじゃない?
    と思って市販のサプリメントを見てみたのですが、
    私が調べた限りでは、46種類全てが網羅されているものはありませんでした。

    それなら、サプリメントを複数組み合わせて摂ればいいじゃない?
    と思ったのですが、
    精製されたサプリメントの摂りすぎによる、特定栄養素の過剰摂取は
    それはそれでまた「過剰症」という不調を招いたりするそうです;

    「コレを飲んだらハイOK!」というわけには簡単にはいきませんね;

    でも興味深いのは、精製されたサプリメントの過剰摂取は「過剰症」という不調を
    招きますが、食べ物から栄養素を摂る分にはこの「過剰症」はないのだそうです。
    食べ物ってやっぱり偉いですね・・・。

    そして、改めて思い知るのは、
    全身を、健全で健康レベルの高い細胞で満たすための条件をクリアすることが
    「とても難しい」ということです。

    マドンナをはじめ、多くのハリウッドスター達が相当のこだわりを持って「選食」している
    ことを思い出しました。
    あれくらいの執着があってこそ、いつまでも若々しく、溌剌とした、健康な体が作られる
    ものなのでしょうか。

    「おいしいもの」と
    「体にいいもの」と
    「サプリメント」の
    バランスを考えて、「毎日46種類!」にできるだけ近づきたいものです。

     

    栄養素が足りないとどうなるの?

    • 2011.07.27 Wednesday
    • 22:25


    『栄養素不足だと、どんな不具合が生じるのか?』
    最近気になっているテーマです。

    「現代の多くの人の食事は、カロリー過剰で栄養素不足・・・」
    という話は何度も聞いて、
    「ふんふん、確かにそういう食事は多いかもね・・・」

    「でも一体、その栄養素不足はどんな不都合になるの??」

    を、調べたところ、

    分かってきたことは、
    「栄養素が不足していると、細胞が新しく生まれ変わる時に、健全な細胞が作れない」
    ということになるようです。

    人の体は日々新陳代謝を繰り返していて、ものによっては
    数時間ごとに新しく生まれ変わっているのだそうです。

    *リンパ球・・・数時間
    *血小板・・・数日
    *白血球・・・約2週間
    *皮膚・・・約28日
    *赤血球・・・100日〜120日
    *骨・・・約2年
    *体全体・・・約7年

    という期間で、細胞は生まれ変わっているそうです。

    その新しい細胞が生み出される時に、必要な栄養素が一定の量で細胞液中に
    溶けていないと、健全な細胞は生み出されないのだそうです。

    健全ではない細胞が、健全ではない器官にしていき、
    健全ではない器官は病変しやすく、さまざまな病気を作っていく・・・。
    健康レベルの低い細胞は、体に入ってきたor体内で発生した毒素を排出できず、
    毒素を抱え込む体になっていく→病気の体質になる。
    と、いうようなことになるようです。

    栄養素不足、ある特定の症状や病気になるのかと思っていたら、そうではなくて、
    「すべての体調不良や病気の原因になりますよ、なぜなら細胞のクオリティが
    低下しているのだから、その時々に受けた要因に応じて、弱いところから病気に
    なっていきます・・・」ということのようです。

    でも、逆を考えたら未来は明るくなるような・・・??
    と、いうことは、細胞レベルから健全にしていけば、だんだんと健全な器官へと
    生まれ変わっていき、健康な体になる。
    細胞レベルの健康度が高ければ、毒素は排出されやすくなって、
    病気になりにくい、丈夫な体になっていく・・・。

    薬で何かを治療するよりも、もっと根本的な改善になっていくような気がします。

    それで、細胞が新しく生まれ変わる時に、細胞液中に溶けていなくてはならないのは、
    アミノ酸8種類、ビタミン18種類、ミネラル20種類、の全ての栄養素なのだそうです。

    日々の食べ物で、これらを摂らなくちゃならないけど、
    でも、食べ物に含まれる栄養素はどんどん少なくなってきている。
    (医療は進歩しているのに、ガン患者数が増える一方なのは、多くの人が
    慢性的な栄養素不足だからだ、と指摘するお医者さんがいるそうです。)

    暑くて食欲をキープするだけでも精一杯の状況ではありますが、
    食べ物のことを改めて見直す夏になりそうです・・・。

    野菜の「濃度」

    • 2011.07.13 Wednesday
    • 20:04

    野菜の味って、昔に比べて「薄く」なったような気がしませんか?

    先日、「トマトの味がするトマト」、についてコメントをもらって、
    そういえば、いろんな野菜の味や香りが薄くなってきているのかも、と
    思うようになりました。
    子供の頃食べてたピーマンはもっと強烈に苦くて給食の時苦労したし、
    冬のほうれん草も、もっとえぐみが強い味だったような気がします。

    文部科学省が調査・編集している『日本食品標準成分表』には、
    食品の標準的な成分値が収載されているそうですが、例えば、

    ほうれん草100g中のビタミンCの量は、
    四訂(1982年)では 65mg
    五訂(2000年)では 35mg

    同じく、小松菜は
    四訂(1982年)では 75mg
    五訂(2000年)では 39mg

    となっているそうです。18年の間に、成分が約半分に減ってしまっていますね;

    他にも、トマト、にんじん、大根、にら、ブロッコリー、チンゲン菜、シソ、もやし・・・の
    データについての記載も見ましたが、成分量が増えているものはありませんでした。

    青臭みのないトマトや、苦すぎないピーマン、
    含まれるビタミンやミネラルが減っている、ということだったんですね?!

    (野菜の栄養価が下がった原因は、化学肥料、農薬の使用による「土地が痩せたこと」
    と、ありました。)

    そうすると、やはり「栄養素不足」を引き起こすことになりますよね。
    野菜に含まれる栄養価は減っているのに、野菜を食べる量は増えていない・・・。
    (むしろ、減っている??)

    野菜、「旬」の露地ものを食べる、ということを前提に、
    「食べる量を増やす工夫」も必要かもしれませんね。
    (野菜の量を増やすって、そうそう簡単ではありませんが・・・;)



    アミノ酸、ミネラル、ビタミンはどれくらい必要?

    • 2011.06.15 Wednesday
    • 22:22
     
     
    普段の食事の中で、
    タンパク質、脂質、炭水化物、が不足することは・・・あまりないですよね。
    意識して減らすことはあっても。

    では、多くの人の「栄養失調」の原因となっている、
    アミノ酸、ミネラル、ビタミン不足、とは、どういうことなのでしょう?
    そもそも、一体どれくらい必要なのでしょうか?

    調べてみると、こうでした。

    [必須栄養素の種類]
    *アミノ酸 8種類
    リジン、メチオニン、フェニルアラニン、ロイシン、バリン、イソロイシン、
    スレオニン、トリプトファン 幼児と子供はヒスチジンを加えて9種類

    *ミネラル 20種類
    ナトリウム、カリウム、塩素、リン、硫黄、カルシウム、マグネシウム、
    鉄、銅、クロム、マンガン、亜鉛、ケイ素、フッ素、モリブデン、臭素、
    ホウ酸、コバルト、セレニウム、ヨード

    *ビタミン 18種類
    ビタミンA、B1、B2、B3、B5、B6、B12、B15、B17、C、D、E、H、K、
    コリン(レシチン)、ルチン、リノール酸、葉酸

    なんと計46種類!

    健康な体を維持するために、毎日少なくとも、これだけの種類の栄養素が
    必要なのだそうです;

    そして、どれだけ摂れているかによって、健康のレベルがいくつもの段階に
    分かれるのだそうです。

    何気なく食事をしていたのでは、とてもカバーしきれない数のような気が
    します。
    アミノ酸、ミネラル、ビタミンを摂ること、もっと意識したほうがいいですね。


    参考:
    『健康になるための栄養学早分かり』 ロジャー・ウイリアム博士 (中央公論社)


    豊かな生活の中の「栄養失調」

    • 2011.06.15 Wednesday
    • 00:38


    こんなに豊かな日本において
    にわかには信じがたい話ではありますが、
    実はとても多くの人が「栄養失調」なんだそうです。

    少し付け足して言うと、
    「カロリー過剰で栄養失調」
    なんだそうです。

    昔、家庭科で勉強した栄養学で言うと

    1)タンパク質
    2)脂質
    3)炭水化物
    ⇒体のエネルギーとなる

    4)アミノ酸
    5)ミネラル
    6)ビタミン
    ⇒体の調子を整える

    1)〜3)は摂り過ぎで、4)〜6)は不足状態。

    栄養失調・・・本来必要なものが足りないのですから、問題が起きますよね;
    身体に足りなくても、脳に足りなくても。

    この栄養失調が、生活習慣病や体調不良の原因の一つになっているのだそうです。

    次回はもうちょっと詳しく書いてみます。




    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    clock

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM