スポンサーサイト

  • 2011.12.25 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ハチミツトリビア

    • 2011.08.10 Wednesday
    • 23:46
     
    先日、ハチミツの効能について少し書きましたが、
    調べていたら、いろいろ面白い話に出会いました。
    今日はハチミツに関する「素晴らしきムダ知識?!」をいくつかご紹介してみたいと思います。


    <驚異の殺菌力>

    1913年、アメリカの考古学者 T.M.デービス博士がエジプトでピラミッドの発掘調査を
    行った時、3300年前のハチミツの壺を発見した。
    その中身は全く変質せず、今でも食べられそうなほど新鮮な状態を保っていたそうです。
    (品質保持期限3000年以上・・・)

    またアレキサンダー大王は亡くなる時、自分の遺体を”ハチミツ浸け”にして、バビロンから
    アレキサンドリアに運ぶよう遺書に残し、実行されたらしいです。

    ミイラもハチミツ浸けにして作られるんだそうです。
    (そんな風に作るんだ)

    →昔の人は単なる食べ物以上にハチミツを使っていたんですね。
      それにしても、驚くべき殺菌力!


    <ハネムーンの語源に>

    バビロニア人は、結婚の前の1カ月間、
    古代ゲルマン民族は結婚後の1カ月間、
    ハチミツと水と酵母菌で作った蜜酒を飲んで精をつけたそうです。
    新婚の甘い期間と、蜜酒の甘さから「蜜月」という言葉が生まれたそうです。

    →やっぱり昔から滋養強壮に使われていたんですね。


    <「純粋ハチミツ」の純粋は、その純粋じゃないですよ?>

    ハチミツのラベルによく「純粋」ってありますが、この「純粋」は添加物を加えていない、
    天然100%のものですよ、を意味するのではなく、
    養蜂家の立場では、アカシアならアカシアの花だけで作った、トチならトチの花だけで
    作った、という「一種類の花から採取した蜜」のことを言うのだそうです。

    →へぇ〜x5 (くらいでしょうか・・・)


    飲み屋さんでの蘊蓄に使って下さい!!



    ハチミツの日?!

    • 2011.08.04 Thursday
    • 14:23

    昨日、8月3日は「ハチミツの日」だったんですね?!
    スーパーで買い物をしていたら店内放送で案内していて、初めて知りました。

    ハチミツ、よく食べますか?
    私はなるべく毎日食べるようにor飲み物に混ぜて飲むようにしています。
    私の中では、ほぼ「サプリメント」扱いです。

    と、いうのも、昔から言われていることではありますが、やっぱりハチミツは
    とても優れた食品であることに間違いないようです。

    *ビタミンたくさん
    しかも、活性型なので少量でも効果発揮!

    *ミネラルもたくさん
    健康保持に必要なミネラルすべてが入っているとか?

    *体内でアルカリ性になる
    体はアルカリ性側に保たれているのがいいんですよね

    *血中糖度をコントロールする
    人体が処理できる以上には血糖値を上げないらしいです

    *肝臓によい
    ハチミツに含まれるコリン、パントテン酸は強肝作用があるのだそうです

    *優れた殺菌効果
    大腸菌などをやっつけてくれるみたいです

    *農薬の心配なし
    蜂は弱い生き物で警戒反応が強く、農薬には近づかないそうです

    なので、とても優れた「純粋滋養食品」と考えていいみたいですよ。

    そして、砂糖のかわりに調味料としての使用もとてもよいそうです。

    砂糖が二糖類であるのに対し、ハチミツはブドウ糖、果糖の単糖類からできているので
    体内でこれ以上分解する必要がないそうです→消化吸収負担ゼロ
    砂糖は、体内でブドウ糖と果糖に分解しなければならないので、その時ミネラルとビタミン
    を消化のために使ってしまいます。

    すべてのお料理の砂糖の代用とまではいかないと思いますが、いろいろ試してみるのも
    面白いかもしれません。
    養蜂の盛んな国は、砂糖のかわりにハチミツを食べていて、長生きで健康な人が
    多いそうです。

    サプリメントとしてハチミツ、オススメです♪
    (※一歳未満の小さいお子様にはダメなそうなので気を付けて下さいね。)




    カンタン海藻

    • 2011.07.26 Tuesday
    • 14:57
     
    以前、このブログで紹介したバランスのよい理想の食事、

     豆類、大豆製品
     ゴマ、ナッツなどの種実類
     わかめ、こんぶ、ひじきなどの海藻類
     野菜
     魚(小さい魚)
     しいたけなどのきのこ類
     芋類、根菜類

    ですが、一度の食事でこれだけの食材をすべて盛り込むのは
    実際のところなかなか難しいですね。

    今日はとってもカンタンに「海藻」が摂れるアイテムを見つけたので
    ご紹介致します。


    あぶりワカメ

    山陰地方(特に島根)でよく食べられている「板ワカメ」ですが、ご存知でしょうか?
    生のワカメが板状に乾燥してあるものです。

    これはさらに焙って、そのまま食べられるようにしてあるものですが、
    うっすら海の塩味がしていて、このまま砕いて温かいご飯にかけてもいいし、
    そのままお酒のおつまみにしてもいいし、おやつにもなります。

    海藻・・・というと、もずくやめかぶや生ワカメ、昆布、いろいろありますが、
    これは全くの手間いらずで、しっかりおいしい海藻が摂れますよ。

    写真のワカメは富沢商店で買ったもの。
    一袋¥500です。
    (あっという間に食べきってしまいます!)

    スルメイカはお熱く?

    • 2011.07.24 Sunday
    • 09:17
     
    先日、食料自給率をUPさせる夏の魚として、スルメイカが挙げられている、
    と書きました。

    スルメイカは、時にはとっても安く買えたりするお買い得感のあるイカですが、
    お刺身など生食で食べる時にはちょっとだけ注意が要りますので、一応書いて
    おきますね。

    と、いうのは、スルメイカは寄生虫がつきやすい魚なので、自分でさばく時には
    胴体を開いて、内側に白っぽい糸状の付着物がないかきちんと確認するのが
    大切です。

    もし心配だったら、お店ですでにお刺身用に処理したものを買う方がいいかも
    しれませんね。

    ですが、せっかく安いスルメイカ、丸ごと買う方がお得感があるし♪♪
    おいしいワタもたっぷりついているので、この夏は是非、ワタ炒めやホイル焼き、
    トマト煮など、加熱して召し上がる方がおすすめだと思いますよ〜。

    生命力のある食べ物

    • 2011.06.18 Saturday
    • 23:48
     
    食べ物には、
    「生命力のある食べ物」、 「生命力のない食べ物」、
    という考え方があるのだそうです。
    聞いたことありますか?

    例えば、
    じゃが芋を皮付きのままおいておくと、芽が出る。 → 生命力のある食べ物
    皮をむいておくと芽が出ない。 → 生命力のない食べ物

    玄米を水につけておくと、芽が出る。 → 生命力がある食べ物
    白米を水につけても芽は出ない。 → 生命力がない食べ物

    しかも、漢字では
    「米」に「白」と書いて=「粕」カス 
    「米」に健康の「康」で=「糠」ヌカ、となるそうです。

    野菜の皮をむいたり、穀物を精製して食べるのは、その食材の力を落として
    食べていることになるのですね。

    栄養不足の原因は、ここにもあるのかもしれませんね;





    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    clock

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM