スポンサーサイト

  • 2011.12.25 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    (最終回) 最高の「ほうれん草のごま和え」を求めて

    • 2011.12.25 Sunday
    • 10:44


    最終回の今回は「料理」についての話を書きたいと思います。


    懐石料理教室の師範クラスに上がった時、習う料理がどんどんプロっぽく、
    凝った豪華なものになっていくことに毎回喜びを感じていました。
    それまでの自分の料理には無かった「食材」や「調理法」、「盛り付け」など、
    まさに、「これぞ日本料理のおもてなし」と思える献立が沢山あって、
    毎回ときめきながら教室に通ったものです。

    そんなある時、献立のいくつかの料理の中に、「れん草 ごま和え」 と、書かれていた日が
    ありました。そのまんま、「ほうれん草のごま和え」のことです。
    献立を見た時、正直「ん?」と思いました。
    「何をいまさら・・・ほうれん草のごま和えなの??」です。

    これは何もこの教室で習わなくても自分で作れるメニューだし、
    師範のクラスに上がるまでに、基礎的なことはすでに何年間かやっていましたから
    今さら改めて習うべきメニューでもないと思ったのです。

    でも、当日習ったほうれん草のごま和えは、私が考えていた(知っていた)ごま和えの
    作り方とは少し違ったのです。
    材料も、作り方も基本は一緒です、でも、違った箇所というのは、その手間のかけ方です。
    ほうれん草にごま、砂糖、醤油、みりん、たったこれだけの材料で、でも最高の料理を
    提供しようと思ったら、かける手間ひまは私が考えていたよりいくつも多かったのです。
    出来上がった料理からは直接見てとれることのない途中の作業工程も、手間を惜しまず
    しかも美しい仕事をして、料理を仕上げるのです。

    そのようにして出来上がった「ほうれん草のごま和え」は本当においしく、私は「滋味」すら
    感じました。
    ほうれん草のごま和えを「ご馳走だ」と思ったのはこの時が初めてです。
    そして、ご馳走の何たるか、おもてなしの何たるか、を知ったのもこの時でした。
    豪華な食材や、見栄えのいいお料理をだすことだけがおもてなしではないのです、
    限られた材料であっても、「どうしたら最高の味が引き出せるだろうか」まずそれを考えて、
    そして、見えないところにもそれを実践することがおもてなし料理をつくることなのだ、
    ということを学びました。
    同時に、「滋味」とは、決して調味料で付け加えられるものではなく、ていねいな作業の
    積み重ねと、素材の持ち味がうまく引き出された時に初めて“現れる”ものなのだ、ということも
    知りました。

    料理はいつの間にか「いかに簡単に」「いかに手間をかけずに」「いかに楽チンに」おいしい
    ものがつくれるか、という事に重きが置かれるようになりました。
    でもこれからの時代、「最高のほうれん草のごま和え」的な料理を人々は暮らしの中に
    取り戻していく必要があるのではないかと思っています。
    食べ物が「からだ」と「こころ」を作る。本当は多くの人が食べ物に「癒し」を求めているのに、
    癒してくれない食べ物でも目をつぶって日々を過ごしている。
    もちろん、忙しい日々の中では料理ばかりに時間は割けないけれど、でも丁寧な料理に
    癒される機会が増えれば増えるほど、人生も満たされていくと思うのです。

    あなたやあなたの大切な家族には、そんな食事を増やしていってもらいたいな、と思います。
    そして、私自身も、そんな食事で人生を満たせるようにこれから頑張っていこうと思っています。



    今年の6月から始めたこのブログですが、今回が最終回となりました。
    「食べ物」と「生活習慣病」の係りについて勉強したことがきっかけとなって「食育」という
    切り口で書いてみることになりましたが、書きたかったことは一応一通り書けたような
    気がします。
    途中脱線も多かったですが;変わったテーマにお付き合いくださり、本当にどうもありがとう
    ございました。
    今後はまたいつか、何か別の形で「食」をテーマにした発信をしたいと考えていますので
    その時はまたどうぞよろしくお願い致します。

    特に後半、仕事の都合で記事のアップが全然追いつかなくなった時でも
    毎日多くの人にこのサイトに訪れてもらったことに心から感謝しています。
    そしてコメントを寄せて下さった方々も本当にどうもありがとうございました。

    来たる2012年が、皆さまにとって健やかで幸せなことの沢山ある年になりますように・・・!!

    感謝をこめて
    かえる






    電子レンジにまつわる話

    • 2011.12.04 Sunday
    • 20:55

    電子レンジ、使ってますか??


    食事に充分な注意を払っている人達が必ずと言っていいほど口にするので気になる事といえば、
    「私は電子レンジは使わない」です。

    以前、知り合いのTV番組制作者からも(およそ健康的な食生活とは無縁そうな感じの人でしたが)、「電子レンジは絶対使ったらダメだよ」と言われた事があります。
    番組制作途中で知り得た電子レンジの実態は、そりゃ恐ろしくて二度と使う気にはなれなくなって
    しまった、という話でした。
    その時、理由は聞いたと思うのですが、理系ではない私はどんな変化がどのように起きているのかはっきり記憶に残りませんでしたが;でもその話を機に電子レンジの使用は基本辞めました。

    その後、代替医療を勉強した人からは、食べ物を電子レンジにかけて食べるのは「被爆した食べ物を食べるのと同じことだ」と、聞いた事があります。
    もしこれが事実であれば、米や野菜に残留しているセシウムを気にしたところで、普段から被爆した食べ物を食べてしまっている事になってしまいますよね;

    そして私が最近本で読んだ内容によると、今「電磁波アレルギー」なる人口が増えてきているのだ
    そうです。そしてこの電磁波量の増大に電子レンジが一役買っているのだそうです。
    電磁波と言っても、今の大人達はPCも携帯も大人になってから使い始めたものなので、蓄積量はまだ少ないですが、でも今の子供達は本当に小さい頃からゲームにもPCにも携帯にも慣れ親しみ、
    電子レンジを多用する家で育てば、食べるものからも電磁波を摂ることになってしまい、確かにその蓄積量は相当な量になりすね。


    何が確実な理由なのか定かではないのですが、でも、どうも電子レンジにはよくないウワサがあるようです。

    そして、電子レンジについて(悪い事実があったとして)それらがきちんと報道されないのは、
    いつもの、「日本では人の健康よりも経済活動が優先される・・・」なんじゃないかと踏んでいます。

    大手家電メーカー(大広告主)を敵に回して、日本中に浸透した便利なライフスタイルに
    問題を提起するのはあまりよい策ではないですよね。

    大事なことは、いつも水面下の情報なんだなぁ、と思いつつ
    「電子レンジ、おまえもか!」
    という心境です。

    久しぶりに電子レンジにまつわる話を聞いた(読んだ)ので、今日はこれをテーマに書いてみました。

    ちなみに、電子レンジ、無くても生活は全然困らない、と私は思っています。

    7つの”コショク”

    • 2011.11.27 Sunday
    • 00:17
     ブログのUP・・・久しぶりになってしまいました。

    今日は食卓の問題、について書いてみようと思います。

    食卓の問題・・・というと、みなさんはどんなことが頭に浮かびますか?

    現代社会で問題視されている「家庭における7つの”コショク”」についてご紹介してみたい思います。 
    (7つ・・・コの付く食事、思い浮かぶでしょうか。。。)


    1.粉食
    若者の食事に小麦粉製品が増えていること。
    パンやピザ、パスタなどの食事の増加と共に、米飯が少なくなっていること。
    このブログでも書きましたが、米飯を中心とした伝統的な和の献立はバランスのよい健康的な食事であるのですが、和食の減少とともに、成人病の割合が増えています。
    また、米は日本人にとって単なる食べ物以上の「自然や神仏への感謝」の象徴でもあるのですが、
    その継承も薄れつつあります。

    2.個食
    家庭で、家族が同じ食卓を囲みながら、それぞれが好きな物を食べること。
    ファミレスやフードコートと同じ状態。
    家庭の食卓で養われるはずの協調性や思いやりが育たず、偏食を助長する原因とも言われています。

    3.孤食
    家族が一緒に食卓を囲む習慣がなく、一人の食事に慣れること。
    2007年新聞に掲載された「便所飯」とは、人に食事する様子を見られたくない、一緒に食事する相手を確保できない、友達と楽しく食事をしたいけれどその方法がわからない、という背景があったりするのだそうです。食卓でコミュニケーション力、社会性を育ててあげることはとても重要です。

    4.固食
    偏食が行き過ぎて、同じものしか食べられない現象。
    当然、摂取する栄養素も偏り、病気の原因を作ります。
    でもそれ以上に、社会生活で支障を来たしますね。
    (意外に忘れがちですが、何でも食べる人、って周囲の人に喜ばれますよね)

    5.子食
    子供だけの食卓。
    正しい食事の習慣が身に付かず、テレビを見ながらの食事習慣になる傾向に。
    (満腹感とは別に、テレビの終わりが食事の終わりになり、食べすぎで太る子も多いのだそうです。)

    6.濃食
    外食、中食(デパ地下・コンビニ食等)に頼りすぎると、既成の味しか身に付かず、
    正しい味覚が育たない。
    市販の惣菜は味付けの濃いものが多く、またアミノ酸によってつくられた「濃厚なうまみ」に
    よるものも少なくありません。濃い食事に慣れてしまうと、マヨラーなどへの転生、成人病になる確率も上がってしまいます。

    7.小or少食
    思春期の子供たち、若者が必要以上にダイエットに走ること。
    この時期の過度のダイエットが原因で、出産に適さない体になってしまう女子が増えているのだそうです。(低体温症は不妊症の原因に)

    ざっと、7つのコショクを挙げてみました。
    共働きの家庭もあれば、そんな理想通りにはいかないこともあるだろう、と思います。
    でも、これらの問題を見て思うのは、食事とは、「単に物を食べるだけの行為」ではない、
    ということですね。

    食べるものも、食べ方も、一度見直してみるのもいいかもしれません。




    今日見た風景

    • 2011.11.13 Sunday
    • 00:50
     
    今日、昼頃、近所のバス停から駅までバスに乗りました。
    週末ということもあってか、中学生の部活の軍団(男子学生)が12〜15人くらい
    乗車していました。
    近所の中学生に遭遇するというのは私にしては珍しいことなのですが、
    なんだかびっくりしてしまいました。

    と、いうのも、まるで観光バスに乗っているかのような車中での飲みっぷり、
    食いっぷりなのです。
    スナック菓子いろいろに、1リットルのジュース、中にはカップアイスを食べいる子も
    いました。

    「お腹がすいたのでこっそり・・・」なんて風情は全くありません。
    そこは彼らの部室であるかのような、だらしなく寝そべりながら車内の座席を占拠し、
    携帯片手に、お菓子やジュースやアイスをむさぼっているのです。

    食べ物も、飲み物も、化学物質と添加物だらけ。
    ふと時計をみると12:30・・・彼らはこの後ちゃんと昼ごはんを食べるのだろうか?
    その大きなかばんにお母さんが作ってくれたお弁当は入っていたのだろうか?
    それとも、駅についたらコンビニの前に座ってカップラーメンを食べるのだろうか?

    そんなことをぼんやり考えていたら、途中から高齢者が続々と乗車してきました。
    でも彼らは席を譲る気などさらさらない様子なのです。
    それも、席を譲ろうかどうしようか「失礼にあたるかな?」と判断に迷うような
    高齢者ではないのです、どうみても座席があった方が助かるというような高齢者が
    すぐそばに立っているのに、彼らの部室の様子は延々と続くのです・・・。

    困難そうに立っている高齢者と、その目の前でふんぞり返りながらお菓子を食べ続ける少年達・・・
    なんだか恐ろしい風景でした・・・・。

    「食べ物が心を作る」というテーマは、もっと議論されてもいいのかもしれません。
    そのお菓子とジュースは子供たちを本当に幸せにしているだろうか??
    そんなことを考えてしまった土曜日の午後でした。






    牛乳にまつわる話

    • 2011.10.30 Sunday
    • 00:47
     
    前回に引き続き、今日も牛乳のお話を・・・

    と、いっても、見つけたサイトをそのままご紹介しちゃいます。(なかなか過激な内容ですが;)

    http://www.seronjihou.co.jp/milk03.htm



    政治的思惑と経済活動が優先されてこの国に浸透した「牛乳」、

    ”健康のためのもの” じゃなくて ”嗜好品” と、考え直す時代がやってきているのかもしれません。

    牛乳は健康飲料?

    • 2011.10.23 Sunday
    • 22:26
     
    今日のテーマは牛乳です。

    牛乳というと・・・とにかく「カルシウム」「健康」「体に必要なもの」というイメージがありますよね。
    その昔、学校の給食では「飲まなくてはいけないもの」でした。

    でも、現代の「食と健康」を考える意見の中で、「牛乳は体によくないもの」という立場があります。

    私が読んだ本はその名も 『牛乳はモー毒?』 というものでしたが、(なかなか過激なタイトル)
    なぜ、牛乳は体によくないのか、本の内容を簡単にご紹介してみますね。

    この本によると、

    ・世界で一番牛乳を飲んでいるのはノルウェーだが、ノルウェーの骨粗鬆症の発生率は
     日本の5倍である

    ・牛乳のカルシウムを吸収するために必要なラクターゼという酵素を体内に持っていなければ
     カルシウムはほとんど排出されてしまう (日本人にはこのラクターゼが少ない) 
     
    ・牛乳を飲むことによって増えた病気は骨粗鬆症だけではなく、多岐に渡っている
     脳血管障害/ガン/心臓病/アレルギー疾患/糖尿病/白血病/乳幼児突然死症候群
     心の偏り・自閉症

    ・これらの病気はアテローム硬化(動物性脂質の摂りすぎから血栓が生じ、細胞への酸素の
     供給が途絶えること)が原因している

    ・日本の牛乳メーカーは、生活習慣病が増え続けている原因は牛乳の脂質にあると分かって
     いて、その対策として脱脂乳や低脂肪乳を生産している

    ・厚生労働省は2002年(平成14年)度からは公立保育園の牛乳給食の量を2001年(平成13
     年)度までの一日平均200mlから→80mlに減量した (が、理由は不問にしている)

    ・乳製品に含まれるガラクトースは目に影響し、白内障の原因になる

    ・戦後の牛乳給食はアメリカの乳業会社を儲けさせるためのものであった

    ・母子手帳に乳業会社の広告を載せさせたのもアメリカの政策によるものである

    ・戦後アメリカの占領中は、保健所に乳業会社の専属栄養士を派遣して妊婦の栄養指導
     をさせた

    などなどなどです。

    牛乳のカルシウム神話は戦後、意図的に作られたものだけれども、それは日本の子供の
    健康を考えてではなく、アメリカの乳業会社を儲けさせるためのものだったようです。。。(悲)
     
    『牛乳はモー毒?』
    美健ガイド社
    監修:医学博士 真弓定夫
     

    素敵な本を頂きました

    • 2011.10.16 Sunday
    • 23:25
     



    このブログを読んでくれているお友達から、素敵な本を頂きました。

    その名も 『目からウロコの「大人の食育」』 です。

    大変驚いたことに、私が去年半年間勉強した「食事」と「健康」の関わりについて、

    ほぼ同じことが記載されているのです!!!

    ・現代人は「栄養失調」であること

    ・日常摂っている食べ物に含まれる栄養素が落ちていること

    ・ミネラル、ビタミンの不足から病気(生活習慣病)が起きていること

    ・不要なものの摂取が多いこと(化学調味料、食品添加物など)

    ・日本の伝統食(特にご飯)がよいこと

    そしてこれは私はまだ記事にしていませんが
    ・牛乳は健康のための飲み物にはならないこと 

    ・口から食べたものだけが自分自身を作っていること

    ・食べ物は身体だけでなく精神状態も変えること

    そして他にはボディメイクに関わる内容もありました。


    とっても参考になったと共に、今、これらのことを、知ったり、考えたりする必要の

    ある時代なんだな、ということを改めて思いました。


    そしてこの本のとても素晴らしいところは、

    「食べていけないものなど一つもない!」

    というメッセージです。

    ・日常食(身体を作るための食事)<ベースとして食べるもの>

    ・非日常食(ファーストフードやインスタント食品など)<嗜好品>

    の位置づけがきちんとできれば、何を食べてもいいですよ、という

    優しいスタンスなのです。

    「食と健康」というテーマにおいては、よく「これはダメ」、「あれはダメ」、という話が

    あがりますが、(すみません、私もそちら寄りの勉強をしたので、このブログでも

    その傾向が垣間見られます)でも、「(何かを)選んではいけない」という気持ちが

    絶えず自分自身の中にあるのは、非常に疲れることですよね。

    「健康」ばかりを意識するのは返って疲れることだ、というのは皮肉ですが

    実際のところだと思います。

    「食べていけないものなどありませんよ」って言われたら、そのほうがより楽しく、

    より負担なく食生活のことを現実的に考えらます。

    結果、そのほうが長く続く習慣になっていくのかな・・・と、とても勉強になりました。


    「食事は楽しく、美味しく食べることがもっとも大切」


    「食と健康」を考える時に忘れてはならないフレーズですね。


    『目からウロコの「大人の食育」』
    著者: 柏原 幸代さん
    管理栄養士、食ライフデザイン株式会社

    食の歴史にまつわる話

    • 2011.10.10 Monday
    • 22:26


    食の歴史を勉強していると、おもしろい話に出会います。

    「シンポジウム」・・・というと、「研究発表会」「討論会」ですよね。
    大きな会議室やホールで、わりとまじめなテーマでまじめに人々が
    意見を述べたり、意見を交換したり・・・

    その語源は古代ギリシャ時代の「シュンポジオン」に由来します。

    都市化が進み、会食が社交の場になった古代ギリシャでのいわゆる
    「二次会」的な饗宴がシュンポジオンだったのだそうです。

    一次会にあたる会食は、生け贄用の祭壇もあり、儀式的な要素が強く、
    お酒も一切飲まれません。
    一次会の食事の後は改めて食堂が整えられ(と、いってもこの時代は
    テーブルがまだ無いので、カウチ=寝椅子が並べらていて、人々は
    横たわりながら食事をしていたのですが)、お客さんの席の入れ替わりが
    あったりして、改めて二次会がスタートしました。
    このシュンポジオンでは、葡萄酒が供され、詩や音楽、演劇、哲学、数学
    などが大いに論じられたそうです。
    (なるほど、シンポジウムの原型ですね。)

    しかし、このシュンポジオン、妻や家族が同席することはない男の饗宴
    だったようです。
    会には「娼婦が加わり、酒が供された」そうですが、当時の壁画か何かの
    参考資料の絵を見ると、裸の娼婦と半裸の男が寝椅子の上で抱き合いながら
    酒を飲む、というまあ淫らな絵となっています。
    奴隷もいた時代なので、時代背景から考えるとなんら不思議ではない酒宴
    ですが、現代の「シンポジウム」のイメージとはあまりにもかけ離れいているので
    なんだか笑いがこみあげてきてしまいます。
    (ニュースなどで何かのシンポジウムの話を聞く度にその絵を頭に浮かべて
    笑えます。)

    しかし、2千数百年以上前の言葉が、こうして国をかえても脈々と残っているのも
    面白いですよね。
    意外なところでの「食の歴史にまつわる話」でした・・・。









    食べ物「言い伝え」

    • 2011.10.02 Sunday
    • 22:08
     
    食べ物に関する漢字の成り立ちや、昔からの言い伝え、
    実はすごい「知恵」なんだなぁ〜、ということに気がついて
    もっとあったら知りたいな、と思っています。

    そこで、また一つ新たなものを見つけたので今日はそれをご紹介してみたいと思います。

    明治時代の軍医 石塚左玄という人の言葉ですが、

    季節ごとの、体によい食べ物の指針として
    (    )の中には何が入るでしょうか??

    「春(         )
     夏は(        )
     秋(         )
     冬は(        ) 
     と、心して摂れ」







    正解は

    「春 苦味
     夏は 酢の物
     秋 辛み
     冬は 油
     と、心して摂れ」


    春、苦い野菜で冬の間に体内に溜まったアクを外に出し、
    夏は水分の多い野菜で体を冷やし、食欲が落ちやすい季節なので酢の物を食べ、
    秋は冬に備えて栄養を蓄え、身を引き締める食べ物を食べ、
    冬は寒さに耐えられるよう、根菜や良質の油を含んだものを食べる。

    春、夏、冬、は納得ですが、秋が意外と難しくないですか??
    「辛み」で身を引き締める・・・
    見た本には「生姜」「大根おろし」や「味噌料理」の辛さで身を引き締める、と
    書いてありました。

    秋は引き締めの季節なんですね。

    ちょっと意識して、昔からの「言い伝え」をまた生活の中に取り入れてみようと
    思います!




    大人になったらしてみたかったこと

    • 2011.09.25 Sunday
    • 20:49
     
    酒杯

    朝夕の温度もぐっと下がって、いよいよこれから秋本番を迎えますね。

    暑い時期はシャンパンや冷えたビールがおいしかったのですが、
    涼しくなってくるとそろそろ日本酒もいいかな、なんて思い始めたりします。

    この秋、実はずっと昔から憧れていたあることを始めてみようかな、と思っています。

    それは

    「器を育てる」

    です。

    きっと日本独特?の感覚のような気がしますが、
    器にお酒を吸わせて(=なじませて)、その器の持っている風合の変化を楽しむ、
    というものです。

    釉薬のかかっていない焼物や、釉薬がかかっていても表面にヒビがあって、そこから
    酒が器の肌に染み込んでいく作りの焼物であれば同じ楽しみ方ができます。

    器にお酒を吸わせる、というのは、もちろん、その器でお酒を飲む、ということですが
    焼物の「新品らしさ」を「野暮」とする感覚が、いかにも大人っぽく、通っぽくて
    実はちょっと憧れていたのです。

    もちろん洗剤なんかでは洗いません、水洗いだけで、ちょくちょくお酒を吸わせては
    丹念に育て上げるんだそうです。
    50代、60代になった時に、そんな器の一つも持っていたらカッコイイ大人のような
    気がして、この秋から始めてみようと思っています。

    ちなみに茶道で使うお茶碗も、洗剤は使わないんですよ。
    お茶碗も、お茶を吸わせて、風合いが変わることを楽しむんです。

    写真は備前焼の酒杯ですが、
    この秋から始めたら・・・10年後は・・・どんな風に変わっているでしょうね?!


    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    clock

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM