スポンサーサイト

  • 2011.12.25 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    今はなき重陽の節句

    • 2011.09.10 Saturday
    • 21:05
     
    昨日9月9日は、五節句の一つ、「重陽の節句」の日でした。
    日本の五節句の中でも・・・一番マイナーな節句ですよね。

    日本の節句は奇数の数字が重なった日ですが、(3月3日とか、5月5日とか・・・)
    古来、奇数は「陽」の数字として考えられてきました。
    その最大数である「9」が重なることから、9月9日は「重陽の節句」といわれるのだそうです。

    おもしろいことに?中国では「陽」と「陽」が重なると、転じて「陰」になることから
    厄除けの行事が必要だったとのことですが、日本では、シンプルに奇数はよい数字と
    されてきたのだそうです。

    さて、節句、七夕の時にも少し書きましたが、節句の日には必ず「行事食」なるものがあります。
    重陽の節句の行事食は、(食といいますか)「菊花酒」です。
    もともとは菊の花、茎、葉をいれて醸造したお酒だったようですが、風流に、盃に菊の花びらを
    浮かべて頂くお酒でもいいようです。
    この日に「菊花酒」を飲むと、邪気を払い、寿命を延ばす、と言い伝えられています。
    重陽の節句は別名「菊の節句」ともいいます。

    でもすっかり「節句の日」として認識されることはなくなりましたよね。
    それもそのはず、江戸幕府が定めた五節句ですが、明治時代に9月9日は祝祭日から
    外されてしまったのです。
    理由はどうも旧暦、新暦の暦の差のようです。
    (新暦の9月9日はまだ残暑厳しく、確かにゆっくり菊を愛でながらお酒を頂く時節ではないですね;)

    でも、長崎の「おくんち(お九日)」など、地方によっては祭礼として残っているようです。

    菊の花びらを浮かべた日本酒・・・なんとも風流。
    私はもう少し涼しくなった「旧暦」の頃にしっとり頂こうとかと思っています・・・。


    スポンサーサイト

    • 2011.12.25 Sunday
    • 21:05
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      clock

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM