スポンサーサイト

  • 2011.12.25 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    食べ物「言い伝え」

    • 2011.10.02 Sunday
    • 22:08
     
    食べ物に関する漢字の成り立ちや、昔からの言い伝え、
    実はすごい「知恵」なんだなぁ〜、ということに気がついて
    もっとあったら知りたいな、と思っています。

    そこで、また一つ新たなものを見つけたので今日はそれをご紹介してみたいと思います。

    明治時代の軍医 石塚左玄という人の言葉ですが、

    季節ごとの、体によい食べ物の指針として
    (    )の中には何が入るでしょうか??

    「春(         )
     夏は(        )
     秋(         )
     冬は(        ) 
     と、心して摂れ」







    正解は

    「春 苦味
     夏は 酢の物
     秋 辛み
     冬は 油
     と、心して摂れ」


    春、苦い野菜で冬の間に体内に溜まったアクを外に出し、
    夏は水分の多い野菜で体を冷やし、食欲が落ちやすい季節なので酢の物を食べ、
    秋は冬に備えて栄養を蓄え、身を引き締める食べ物を食べ、
    冬は寒さに耐えられるよう、根菜や良質の油を含んだものを食べる。

    春、夏、冬、は納得ですが、秋が意外と難しくないですか??
    「辛み」で身を引き締める・・・
    見た本には「生姜」「大根おろし」や「味噌料理」の辛さで身を引き締める、と
    書いてありました。

    秋は引き締めの季節なんですね。

    ちょっと意識して、昔からの「言い伝え」をまた生活の中に取り入れてみようと
    思います!




    スポンサーサイト

    • 2011.12.25 Sunday
    • 22:08
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      clock

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM