スポンサーサイト

  • 2011.12.25 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    食の歴史にまつわる話

    • 2011.10.10 Monday
    • 22:26


    食の歴史を勉強していると、おもしろい話に出会います。

    「シンポジウム」・・・というと、「研究発表会」「討論会」ですよね。
    大きな会議室やホールで、わりとまじめなテーマでまじめに人々が
    意見を述べたり、意見を交換したり・・・

    その語源は古代ギリシャ時代の「シュンポジオン」に由来します。

    都市化が進み、会食が社交の場になった古代ギリシャでのいわゆる
    「二次会」的な饗宴がシュンポジオンだったのだそうです。

    一次会にあたる会食は、生け贄用の祭壇もあり、儀式的な要素が強く、
    お酒も一切飲まれません。
    一次会の食事の後は改めて食堂が整えられ(と、いってもこの時代は
    テーブルがまだ無いので、カウチ=寝椅子が並べらていて、人々は
    横たわりながら食事をしていたのですが)、お客さんの席の入れ替わりが
    あったりして、改めて二次会がスタートしました。
    このシュンポジオンでは、葡萄酒が供され、詩や音楽、演劇、哲学、数学
    などが大いに論じられたそうです。
    (なるほど、シンポジウムの原型ですね。)

    しかし、このシュンポジオン、妻や家族が同席することはない男の饗宴
    だったようです。
    会には「娼婦が加わり、酒が供された」そうですが、当時の壁画か何かの
    参考資料の絵を見ると、裸の娼婦と半裸の男が寝椅子の上で抱き合いながら
    酒を飲む、というまあ淫らな絵となっています。
    奴隷もいた時代なので、時代背景から考えるとなんら不思議ではない酒宴
    ですが、現代の「シンポジウム」のイメージとはあまりにもかけ離れいているので
    なんだか笑いがこみあげてきてしまいます。
    (ニュースなどで何かのシンポジウムの話を聞く度にその絵を頭に浮かべて
    笑えます。)

    しかし、2千数百年以上前の言葉が、こうして国をかえても脈々と残っているのも
    面白いですよね。
    意外なところでの「食の歴史にまつわる話」でした・・・。









    スポンサーサイト

    • 2011.12.25 Sunday
    • 22:26
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      clock

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM